韓国

韓国人には自覚がない「文頭は濁らず文中は濁る」ハングルのナゾ。真相は!

韓国語を勉強すると必ず日本人がぶつかる壁だと思います。それは”同じハングルなのに場所によって違う発音に聞こえる”ということ。具体的には文頭(語頭)にあるときと文中(語中)にある時で違う発音に聞こえるということです。

何のことかわからない方に簡単に説明します。例えば「두시」(トゥシ:2時)この語頭の두は「トゥ」に聞こえるのですが、「모두」(モドゥ:全部)語中に出てくる두は「ドゥ」に聞こえるんです!

ネットにもよく、「文頭では濁らず、文中だと濁って読む」とあります。ところが!

授業で先生(韓国人)はそんなこと一言も教えてくれませんでした。もしそういうルールがあるなら、授業で発音を習うときに教えてくれるはずです。

しかも、そんな安易なルールなら韓国人は文頭の「가」と「카」を聞き分けられないことになってしまいます。

それはない、なんだかおかしいゾと思い始め、きちんと調べることにしました。

もちろん先ほどのルールでも通じるとは思いますが、真実を知りたい・正しい発音のために勉強したいと思う方はぜひ参考にしてください。

 

韓国人に質問してみた

①トウミに聞いてみた

私のトウミ(韓国人大学生のヘルパーのこと)は関西弁まで使いこなす日本語ペラペラです。

私「例えば”가”。日本人には文頭だとk、文中にはgに聞こえるんだけど、韓国人にはどう聞こえてるの?」
トウミ「私には全部gに近く聞こえるよ。他の人にはどうかわからないけど…。先生に聞いてみた方がいいかも!」

なんと…やはり韓国人は意識してそうしているわけでもないし違いもわかっていないかもしれない。

②韓国人の先生に聞いてみた

こうこうこうで……と説明する。先生「え、質問の意味がわからない」。私、イヤな予感。。。。

日本人から同じ質問受けたことあるだろうと思ってたけど、なさそうだ。

私「例えばこの時はkに聞こえるけど、この時はgに聞こえるんですけど…」
先生「本当に?ほら聞いて(発音してみせてくれる)同じでしょ?」
私「違います…(笑)」

先生も知らなかったことだから、調べてまた教えるねとのことでした。

やはり韓国人は何も意識していないし、全部同じ音のつもりで発音していることがとりあえずわかりました。

そして後日先生から回答をもらいました。(가を例にしています。)

  • 日本人にとって文頭は「か」文中は「が」に聞こえてるんだと思うけど、韓国人にはそれがわからない
  • 韓国語を日本語の”か”と”が”に置き換えることがちょっと違うと思う
  • 韓国語の「平音」の話し方がきちんとできていれば、日本人が思う”か”と”が”どっちであっても韓国人はわからないから大丈夫

大体こんなことを言われました。ためしに「감기」を「ガmギ」と呼んで先生に聞いてもらったら、「うん、合ってるよ」のことでした。

自分で調べてみた

何でこんなことが起きるか、原因がだんだん見えてきました。

  • 韓国人には濁音の概念がない。
  • 濁音で話したくてもできない。
  • 濁音の聞き分けもできない
  • 文中は自然と濁音になる。(その方が言いやすいから)
  • 日本語・英語は「有声音・無声音」で言葉を区別するが、朝鮮語・中国語は気息音の有無で区別する。

最後の文章がむずかしいですが、音の識別の仕方が違うらしいです。

◆日本語→清音・濁音・半濁音で発音を区別
◆韓国語→平音・濃音・激音で発音を区別

つまり、極端にいうと濁音かどうかは韓国語にあまり関係がない、音を区別しているポイントはそこではない、ということです。

じゃあ가(平音)と카(激音)の発音をどうやって区別するのかという話になります。私が習ったのは「激音は顔の前に紙をぶらさげて、それがフッとなびくように息を吐いて発音する」です。

これ授業で練習しましたが、かなりむずかしかったです。全然なびいてくれないんですが、先生はバッチリできていました。

なので、文頭の가(平音)を日本語の「カ」のように発音すると多少息が出るため、카(激音)に近くなってしまう可能性があります。正しい平音になりません。

それを象徴してるものの1つが日本人の名前のハングル表記だと思います。

例えば私の名前は「カヨ」ですが、「가요」ではなく「카요」です。語頭だけど「카」です。日本人が話す「カ」はどちらかというと「카」に近いということがわかります。

余談ですが、先生が「가요」(カヨ:行きますの意)を連呼してたときに中国の子たちが私の方を見てよろこんでたことがありました。

中国語も息で言葉を判別すると書いてあったけど、中国人にも同じに聞こえることがあるのかな?似てたから反応しただけでしょうか。台湾人の子も文頭と文中で違う言葉に聞こえることがあると言っていました。

ちなみに韓国人は濁音を聞き分けられないので、日本語を勉強するときに苦労するらしいです。日本語は濁音・半濁音・清音しっかり区別しますもんね。英語を勉強するときも同じように苦労するのかな?

日本語にも似たような現象があった

先ほど「文中ではその方が言いやすいため自然と濁る」と書きました。よくよく考えたら日本にも同じような言葉がたくさんあったんです!

山のようにありますが例えば、手紙。”て+かみ”だけど続けて読むと”てがみ”になりますね~、あら不思議!

他にも、長靴・茶柱、お茶漬け・日差し・夜空・戸棚・鼻血・幸せ太り(笑)などなど。こうするようになった要因は多々あるんだと思いますが、要は「言いやすい」んじゃないか、と思います。

このことを「連濁(れんだく)」といいます。気になる方は調べてみてください。

ハングルのローマ字表記はどうなってる?

韓国では2000年にローマ字表記のルールが改訂されています。

細かいルールは難しいですがおおまかに言うと以下のイメージです。

〇2000年より前:英語話者に分かりやすい表記。釜山→PUSAN(主にマッキューン=ワイシャワー式)
※ハングルとローマ字が1:1で一致しない。ローマ字からハングルへ復元することができない。
〇2000年以降:音声に忠実でなく英語話者に分かりずらいが、ローマ字⇔ハングルへ転写できる。釜山→BUSAN(文化観光部2000年式)

くわしく知りたい方はWikipediaでどうぞ マッキューン=ワイシャワー式 文化観光部2000年式

なんでBUSANなのかは地味に気になっていましたが、こういうことなんですね。韓国人にとっては今のローマ字の方がきっとしっくりくるんでしょうね。

まとめ

  • 韓国人は文頭・文中とわけて発音しているつもりはないし、全部同じに聞こえている(g/d/j/bだと思っている)
  • 韓国語は濁音かどうかで区別されていない
  • 韓国人は文頭で濁音ができず、文中では言いやすいため自然と濁音になっている
  • 濁ってないように聞こえても、平音(ㄱ・ㄷ・ㅈ・ㅂ)と激音(ㅋ・ㅌ・ㅊ・ㅍ)を同じように発音してはいけない
  • 韓国人は文頭でも文中でも平音(ㄱ・ㄷ・ㅈ・ㅂ)と激音(ㅋ・ㅌ・ㅊ・ㅍ)をしっかり聞き分けることができる
  • 文頭を濁音で言っても韓国人にはわからない。正しく平音で発音できていれば問題ない。
  • 例えば”가”を日本語の「カ」で発音すると”카”に近くなる可能性が、あるのでしっかり区別して発音する必要がある。

結論:日本人にとって聞こえ方は違うが、文頭でも文中でも発音のルールは同じ。大事なのは濁音かどうかではない。

「카」は息を肺から出しながらいうカ
「가」は息を出さない”カ”または”ガ”。※”カ”と言うと息が出てしまうので、ガの方がいいと思います

ハングルとひらがなは全くのイコールにはなりませんので、そのことを念頭に置いて勉強してはいかがでしょうか。

 

私もこのことでずっとモヤモヤしていましたが、整理がついてとてもスッキリしました。

以上となります。

もし補足などがあればぜひ教えてください。

 

POSTED COMMENT

  1. あつこ より:

    なるほど!勉強になるわぁ

  2. Kayo より:

    >あつこさん
    ほんとですか?^^お役にたててよかったです!!

  3. ma mi より:

    私もずっと同じ事を思っていました!
    ありがとうございます。すっきりしました!

  4. Kayo より:

    >ma miさん
    私も韓国語を始めてからずっとモヤモヤしていたことでした!日本人はみんなぶつかりそうですよね。こちらのゆうき先生の一連のツイートも参考になるのでぜひ見てみてください^^https://twitter.com/yuki7979seoul/status/1138592317068128256?s=21

  5. 匿名 より:

    ありがとうございます^^

コメントを残す