韓国

【初心者向け】難しい韓国語の発音。知っておいた方がいい考え方と練習の仕方

韓国語って簡単なようでむずかしい。私は一番苦労しているのは「発音」です。

韓国語には日本語よりもたくさんの発音があります。

私は韓国語を勉強し始めたときに、聞くときも書く時もついつい日本語のひらがなに置き換えて考えていました。

でもそれはやるべきではなかったと後悔しています。

発音を正しく身に着けたい韓国語初心者に向けて、私の反省点をふまえながら発音をどう勉強するべきかお伝えしたいと思います!

 

ハングルはひらがなより種類が多い

ハングルには、例えば日本人が「オ」に聞こえる発音が2種類、「ウ」に聞こえる発音が2種類、などなどひらがなより発音の種類が多いです。

日本語とは違う発音、日本にはない発音の文字が多くあります。

でも日本人にとっては2種類あるオも、全部「オ」に聞こえてしまうんですよね。

なので日本人が韓国語を勉強するときは、知っているひらがな「オ」に脳内変換されがちです。

ですが、ハングルとひらがなを分けて考える・別物として覚えるクセを始めからつけておいた方がいいと思います。

単語を覚えるときにひらがなに置き換えないほうがいい

例えば日本人が思う「オ」は韓国では어と오の2種類です。

私は始めのころ全部日本語の「オ」で考えてしまっていました。つまりつづりを覚えるときも、実際話すときも頭の中では「オ」になってしまってるんです。

これがのちのち困るんですが、どういうことが起きるかというと

  • 書くときにつづりが어と오どっちかわからなくなる
  • 正しい発音ができない→間違った発音が定着する

全部「オ」で考えてしまっていた時期に覚えた単語は、今でもつづりがわからなくなるし話す時も無意識に日本語の「オ」になってしまいます。

知ってるひらがなで考えた方が楽でそうしてしまっていました。でもきちんと分けて考えておくべきだったと反省しています。

これから勉強する方には、わけて考えるクセをつけることを勉強することをオススメします。

たくさん聞いて耳を鍛える

そもそも日本人の耳は日本語を聞くためだけにしか鍛えられていません。これは韓国語を勉強し始めてから身に染みたことです。

(逆に韓国人は韓国語用の耳しかもってないので、聞き分けられない日本語があります)

成長段階でそういう風に耳が育っているんだと思います。

日本人の耳にとって、聞き分けられないハングルがたくさんあります。

それを克服するためには「たくさん聞くこと」平凡かもしれませんが、これしかありません。

たくさん聞くことで耳は鍛えられると思います。

プラス、人が話すのを聞くときは「口の形」も気にするようにするといいと思います。韓国語では口の形が結構大事になります。

私自身韓国語を勉強して、耳が鍛えられたなと実感することがわずかながらあります。

例えばですが、①일본(日本)と②일번(1番)日本語にするとどちらも「イルボン」。

実際発音は違うのですが、初期の私は全く聞き分けることができませんでした

先生が”教科書の問題の1番”のことで「イルボン~!」と言うと「日本がなに!?」と焦っていました^^;

それが今では、考えてみるとその聞き間違いをしなくなりました。(100%間違えないとは思っていませんが)

やはり耳が成長しているのだと思います。

私の場合わかりやすい例がこれでしたが、他にもちょこちょこ実感できることがあります。

発音の間違いはいちいち指摘してもらえない

1級では発音の仕方も習いますが、実際細かく発音を指摘してもらえるのはその時だけだと思った方がいいです。

その後は授業中でも、よっぽど間違った発音をしないかぎり先生は教えてくれません。

これは先生にかぎらず他の韓国人もそうだと思います。意味がわかってしまえば、わざわざ指摘してくれません。

するとどうなるかというと、自分の言いやすいひらがなの発音で話してしまう→間違った発音が定着する

何も考えていなかった私はこうなってしまいました。

他にも同じようなクラスメイトが多くいて期末テストのときに先生から、「みんなには同じに聞こえても韓国人ははっきり聞き分けられる。そこをちゃんと言えるようにならないと韓国人には伝わらないよ」と。

それまで、ほとんど細かい発音を気にせずきました、先生も何も言わないしと。

でも「指摘されない=正しくできている」わけではないんだと気付きました。これは自分で意識するしかないと思います。

あとは、韓国人に自ら頼んで発音チェックしてもらう

できてると思ってた発音も、チェックしてもらったらちょっと違ってることあるんですよね。

私は何回やっても、お会計のときに「別々で」という意味の따로따로(タロタロ)がうまく言えません(泣

トウミに何回やっても違うといわれ(私には違いがわからない笑) 、まだまだ修行が足りないなと思っているところです。

まとめ

  • ハングルとひらがなは別物として考える(発音・口の形+スペル)
  • 韓国語をたくさん聞いて「韓国語」の耳を鍛える
  • 発音は自分で意識する。自分で韓国人に頼んでチェックしてもらう

私は初めからこれがわかってたらなぁ…と思わずにはいられません。(これから頑張ります!)

”伝わりさえすればいい”という方には必要ないことだと思いますが、私はせっかく韓国語を話すなら韓国人のように話したい!と思って勉強しています。

コメントを残す